FASイベント パフォーマンス 「拍動/音とダンスと作品と」


開催中の展覧会「ここにあるけしき-四つの小部屋から-」の会場にて行われるパフォーマンス。松澤有子作品《拍動》とその周りの空間で繰り広げられる音とダンス。

2016年 05月22日(日)①11:00〜 ②13:00〜 (各回15分程度)

出演:樋口信子(ダンス)、青木隼人(音楽)
参加費:無料
会場:展示ルーム、他

paf

出演者プロフィール:
○樋口信子(ひぐち のぶこ)
これまでクラシックバレエ・モダンダンス・コンテンポラリーダンス・コンタクトインプロヴィゼーションと踊り続ける。
ニューヨーク拠点のYoshiko Chumaのプロジェクトや音楽家との即興パフォーマンスなどに参加。
人の身体がどのように動くかに興味をもち、リラクゼーションストレッチを始める。
またタイのチェンマイでタイ古式マッサージを学びさらに身体への興味を深めている。
http://www.bricola.info

○青木隼人(あおき はやと)
ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル grainfield からCD作品を8つ発表。ジャケットのデザインも自身で手がける。ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。
また、画家、藤川孝之との共同制作、牧野伊三夫とのライブペインティングなど、音楽以外の表現とのコラボレーションも積極的に行っている。
http://grainfield.net/

コメントは受け付けていません。