8月19日(土)ワークショップ「92番目の星座を作る。」

  • 2017.07.22

日常のオブジェクトをランダムに蓄光テープでつなぎます。
新しい神話のストーリーを考えて、オリジナルの星座をつくりましょう。

ワークショップ内容
わたしたちの⽇常にある建物やドア、テレビ、ごみ、⼈間などのあらゆるものと
空にまたたく星との存在の違いとその永続性について考えてみます。

① 「しること」
星座ってそもそも何だろう。星座のことを簡単にしろう。

② 「みること」
いっしょにぐるぐるとFAS の周辺を周ってみよう。どんなオブジェクトがあるのか観察してみよう。

③ 「つないでみること」
⽬に付いたオブジェクトとオブジェクトをテープで繋いでみよう。あまり深く考えずに、直感で。

④ 「えがくこと」
その場にできた点と点のつながりから星座のキャラクターを想像してみよう。
いろいろな想像を膨らまして⾃由な発想で話を膨らませてみよう。
動物でも、家具でも頭に浮かんだものを紙に書いてみよう。

⑤ 「しらべること」
つないだオブジェクトって⼀体何なのか、どうしてその場所にあるのか。誰のためにあるのか。
辞書をつかったり周りの⼈に聞いてみたり調べてみよう。

⑥ 「なづけること」
あたらしくできた星座に名前をつけてみよう。

⑦ 「みつめること」
電気を消して星座をみてみましょう。これが2017 年8 ⽉に存在する星座です。
来年に存在するかはわかりませんが、いまこの場に存在していることがあなたの
⼿によって証明されたことがわかります。

日 時 2017年 8月19日(土)14:00-16:00
講 師 生川珠央(Artists in FAS 2017入選アーティスト)
対 象 小学生以上(小学校低学年以下は保護者同伴)
定 員 10 名 ※要事前申し込み
参加費 300 円(材料費)
その他 動きやすい服装でお越しください。

〈申込方法〉
電話もしくは直接来館して参加者の氏名、住所、電話番号をお伝えの上、お申し込みください。
※1回の申込につき2名まで、定員に達し次第受付終了。
TEL:0466-30-1816(受付は開館日の10:00-17:00)

 

コメントは受け付けていません。