企画展Ⅱ「 毛利悠子 グレイ スカイズ」

  • 2017.11.21

藤沢市アートスペースでは、2015年の開館以来、藤沢市や湘南地域にゆかりのある若手アーティストの存在や動向を紹介する展覧会を企画してきました。7回目となる本展では、FASでは初の個展となる「毛利悠子 グレイ スカイズ」を開催します。

毛利悠子(1980年生まれ、藤沢市出身)は、磁力や重力、光など、目に見えず触れることのできない力をセンシングするインスタレーションを制作しています。近年の活躍はめざましく、日産アートアワードグランプリ(2015)や、神奈川文化賞未来賞(2016)、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞[メディア芸術](2017)を受賞するなど、国内外で注目されている若手アーティストの一人です。

本展では2011年の発表以来、展示の機会を通じてアップデートを続けるインスタレーション《パレード》(旧名:大船フラワーセンター)など、近年国内外で発表してきた作品をFASの展示環境に寄り添わせ、再構成して展示します。

展覧会概要


会期
 2017年12月2日(土)〜2018年1月28日(日)

休館日 月曜日(祝日の場合、翌火曜日が休館)、年末年始(12/28-1/4)

開館時間  10:00-19:00(入場は閉館の15分前まで)

観覧料  無料

会場  藤沢市アートスペース

主催  藤沢市、藤沢市教育委員会

後援  神奈川新聞社 株式会社ジェイコム湘南 藤沢エフエム放送株式会社

協力 公益財団法人藤沢市みらい創造財団 ココテラス湘南

アーティストプロフィール

毛利悠子 Yuko Mohri

 

1980年 藤沢市生まれ
2004年 多摩美術大学美術学部 情報デザイン学科 卒業
2006年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程  修了

美術家。磁力や重力、光など、目に見えず触れることのできない力をセンシングするインスタレーションを制作する。2015年、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のグランティとして渡米。「コーチ・ムジリス・ビエンナーレ2016」(インド)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」(神奈川)ほか国内外の展覧会に参加。2015年に日産アートアワードグランプリ、2016年に神奈川文化賞未来賞、2017年に第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。今年は「札幌国際芸術祭2017」(北海道)、「リヨン・ビエンナーレ2017」(フランス)などに参加。

関連イベント

■毛利悠子によるギャラリー・トーク
2017年 12月02日(土)14:00 –
アーティスト本人が自らの作品について語ります。
会場:展示ルームおよびレジデンスルーム
参加費:無料
毛利悠子と大崎清夏(詩人)による特別プログラム
「こだまする風景」
2017年 12月16日(土)14:00-
『現代詩手帖』(2016年10月号)のアンケートにおいて「2010年代 もっとも刺激を受けたモノ、映像、音、その他」というジャンルで 毛利悠子の名前を挙げた詩人・大崎清夏(藤沢市在住、第19回 中原中也賞受賞)とイベントを行います。
出演:大崎清夏(詩人)×毛利悠子(本展参加アーティスト)
会場:レジデンスルーム
定員:30名(要事前申込)参加費:無料
■FASスタッフによるギャラリー・ツアー
2017年 12月23日(土)14:00-14:30
2018年 01月06日(土)14:00-14:30
FASスタッフが、アーティストや作品について解説します。
会場:展示ルームおよびレジデンスルーム
参加費:無料

お問い合わせ

藤沢市アートスペース
藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6階
TEL 0466-30-1816
FAX 0466-30-1817
E-mail fj-art@city.fujisawa.lg.jp

コメントは受け付けていません。